• こども一人一人との関わりを大切にし、個性を理解しながら愛情深く温かな保育を進めます。

  • 「異年児保育・年齢別保育」それぞれの良さをバランスよく取り入れた環境で、「思いやり・協調性・社会性」などをしっかり身に付けていきます。

  • 「ほめる」「認める」「励ます」を基本として、こどもの主体性を尊重した保育を行います。

  • 「自由保育、設定保育」を組み合わせ、明確なねらいに基づき、こどもが自ら発見し、関わりを持つことで、学び育つ環境を作ります。

  • こどもの内面を満たす温かな関わりの中、生活習慣が身に付くよう「発達の理解・個人差」を踏まえ、個別に援助します。

  • 園外の研修制度を積極的に活用し、「保育士の専門性向上」と「保育の充実」、「保育の質の向上」に努めています。